東日本大震災で被災された盲導犬ならびに盲導犬ユーザー・視覚障がい者の方の支援を目的とした「盲導犬ハート募金」にご協力お願いします。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


身体障害者補助犬法
2012年04月24日 (火) | 編集 |
身体障害者補助犬法 って、ご存じですか?

簡単に言うと、公共機関や交通機関はもちろんのこと、食べ物を扱っている飲食店やスーパー、
宿泊施設などの商業施設などで、特別な理由がない限りは補助犬の同伴を拒んではいけない。
という法律です。

この法律が制定されて10年になりますが、基本的にユーザーさんと一緒にどこにでも入れる…
はずの補助犬も、実際には入店拒否をされることが少なくないようで…。
それは大きくわけると・この法律を知らない・補助犬が理解されていない 事によるものだと
思われます。

なぜ今日こんな話を書いたかと言うと…先ほどオフィシャルマガジンより「国際盲導犬の日」
イベントのお知らせなるものがメールできたからですw
毎年4月のの第三水曜日は「国際盲導犬の日」と定められているそうで、今年は明日25日。
今回は「盲導犬受け入れ拒否ゼロの街を、まずは渋谷から!」を合言葉に、盲導犬ユーザーと、
販売やサービス業など渋谷の街で働く若いスタッフが共に渋谷の街をパレードし、盲導犬はじめ
補助犬受け入れへの理解をアピールするそうです。
当日のパレードへの飛び入り参加はできないようですが、沿道からの応援やパレード終了後の
午後2時より代々木公園のケヤキ並木で盲導犬のデモンストレーションや体験歩行が予定されて
いるようですよ。
詳細は→コチラ (http://www.moudouken.net/event/article.php?id=883)


先ほど、身体障害者補助犬法は補助犬を拒んではいけない という法律だと書きましたが、
ただ単に“補助犬を拒むな!”と言ってるだけじゃないんですよ?
訓練事業者については、良質な補助犬を育成・使用状況の調査・フォローアップをしなければ
いけない とか。
ユーザーさんに対しても、補助犬に対して体を清潔に保つことや、定期的な健康診断と予防接種
を受けさせ、公衆衛生上の危害を生じさせないように努めなければいけない とか。
ちゃんと権利を主張するだけでなく、補助犬を育成する者・補助犬を扱う者への義務についても
定められています。
そして国や地方公共団体についても、身体障害者補助犬が果たす役割の重要性について国民
の理解を深めるよう努めなければならないと記してあります。

なので、いくら法律で拒んではいけない!と言われても、訓練事業者やユーザーさんがその義務
や責任を果たしていなければ、「身体障害者補助犬の同伴により当該施設に著しい損害が発生
するおそれがある場合は拒むことができる」というお店側の権利によって拒まれる可能性もあるのです。

先日のユーザーさんのメールで…
『ユーザーは前任者のご苦労に思いをはせて、後へ続く人に歴史を刻む意識でつかっていないと
いけないと思う』
というコメントがありましたが、まさに“盲導犬ユーザーとしての責任と義務”をしっかりと
持ち、世の中に認知してもらえるように行動しなければいけない ということですよね。
これはユーザーさんに限らず、パピーウォーカーとしても同じことが言えると思っています。

いつか法律がなくても、補助犬が当たり前のようにどこにでも居るような…
障がい者・健常者という垣根のない社会になるといいですよね。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。