東日本大震災で被災された盲導犬ならびに盲導犬ユーザー・視覚障がい者の方の支援を目的とした「盲導犬ハート募金」にご協力お願いします。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイスキ
2012年08月29日 (水) | 編集 |
あら、この色白イケメン君は…一体ダレ…?
D6月10日
左から見ても…
D6月10日2
右から見ても…  ※*+。:.゚ヵワヽ(´∀`。)ノエェェ゚.:。+゚*※

はぃ…スイマセンw 親ばかならぬ、バカ親です(>▽<;;

こちらもご報告が遅くなりましたが、6月10日 1月に入所したダイに面会してきた時のこと。

早いもので、ダイが入所して約半年…
面会の数日前にはTP2が行われており、面会の時にその結果報告もあるんだろうな…と
思いながら、また ダイがどんな風に成長しているのか・私たちに対してどんな反応を見せて
くれるのか…いろんな不安や期待の入り混じった気持ちで行ってきました。

私たちの番になり中庭に呼ばれると、犬舎からダイを連れて来てもらう前に、TP2の結果
を聞きました。
結果から先にお伝えすると…ダイは盲導犬の道ではなく、家庭犬の道を選んだそうです。
訓練士さんのお話によると…
「入所してからこの半年間、ダイは本当によく成長してくれました。
入所当時は犬舎でも落ち着きがなく、誰かが通れば常に声を出したり、じっと待っている事が
とにかくできない状態でしたが、それも今では落ち着いて待っている事ができるようになりました。
これはダイにとって、本当によく成長してくれた部分だと思います。
でも、ダイにとって『待つ』ということは、それを自然と受け止めたというわけでなく『我慢』
をしているということで。。
待つ事も仕事と言える盲導犬としては、ダイの性格を考えるとストレスの多い環境になって
しまう可能性が高いです。
物覚えもよく作業性もとてもいいので、ずいぶんと悩みましたが…
稟性的なところを考えると、盲導犬ではなく家庭犬の道がダイにとって幸せだろうと、
キャリアチェンジと判断させてもらいました。
でも本当に、よく成長してくれたんですよ」 との事でした。

TP2の結果を聞きながら、私は涙を堪えるので必死でした…
それは、ダイが盲導犬にならない事がザンネンとか悲しいというわけではありません。
結果については、訓練士さんが仰っていたように、パピー時代から物覚えもよく作業性も
いい子だったので、そこだけを考えると盲導犬向きかな?と思っていましたが、稟性的な事を
考えると、入所式の時の話題にも出ましたが、盲導犬というよりも災害救助犬やアジリティ犬の
ようにアクティブな方が向いている子だと思っていたので、この結果についても やっぱりね^^
という感じでした。

それに、どの子についてもそうですが、ダイがどの道を選ぶのかはダイ次第。
パピーウォーカーとしては盲導犬になってくれる事は嬉しいですが、でもバカ親としてはどの道を
選ぶかよりも、ダイが幸せであってくれたら…願うのはそれだけ。
なので、キャリアチェンジになった事に関しては、ダイが出した答えとして受け止められます。

ただダイは本当に精神的に幼い子だったので、入所後の事がすごく心配で…
入所後に犬舎での様子を聞いた時も落ち着かない事は聞いていたのですが、この半年の間に
体重が減った事もあると聞いて、私が想像している以上にこの半年、ダイは毎日いろんな事を
がんばってきたんだな…と。。
そう考えるだけで、切なさと愛しさとで胸がしめつけられるような。。。
そんな気持ちで、お話をうかがってる間は、こみ上げてくるものを堪えるので精いっぱいでした。

結果を聞き終わったあと、犬舎からダイを連れてきてもらいました。
ダイは私たちを見た瞬間、Σ(*゜ェ゜*)アッ!という感じで わかったような表情になりました。
でも興奮することなく、ちゃんと訓練士さんにヒールしながら私たちの前まで来て、指示どおりに
シットしてくれました。
これだけの様子を見ても、訓練士さんの仰るようにダイの成長がみてとれます。
ダイはシットをしながらも、こっちに飛んできたい気持ちを抑えているようでした。
私もすぐにでも抱きよせたい気持ちでいっぱいでしたが、リードを渡していただくまでは…
と思い、静かにその時を待ちました。

「では、どうぞ^^」と訓練士さんからリードをもらうと、ダイは私の元へ飛び込んできて
くれたのですが、この時私はすでに、涙で顔がぐしゃぐしゃ(;´Д`A ```
「よくがんばったね。:゚(。ノω\。)゚・。 」としか言えませんでした。

ちょっと気持ちが落ち着いたあとは、中庭の中をダイと一緒に歩いたり走ったり。
D6月10日3
まったりしながら過ごしました。

U^ェ^U ヾ('▽'*)良い子♪良い子♪
D6月10日4
Uo-ェ-oU アッ…そこ気持ちいいかも…

Uo-ェ-oUヾ('-'*)ここ?
D6月10日5
U。・ェ・。Uノ~ウヘヘ♪ 気持ちいい~♪

1時間の面会…あっという間。。
最後にダイと一緒に家族写真を撮ってもらいました。
D6月10日6
↑レクチャーを一緒にしていたN君。
面会が同じ時間だったので、記念に(≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪

では、そろそろ…と、ダイは犬舎へ帰ることになったのですが…
ドアの手前で私たちの方を振り返ってしばらく立ち止まったあと、犬舎へと消えていきました。。


面会が終わり、黒ラブ君の待つ食堂へと戻ると、一緒に面会をしていたN君ママが「ダイ君
成長したね~^^」と声をかけてくださったのですが…
しばらく堪えていた気持ちが一気に爆発してしまい…N君ママの胸で号泣してしまいました。。
これまでの面会で、ここまで泣いたことってないんですけどね…(;´▽`A``
ほんと、自分でもバカ親ぶりには呆れます(;´Д`A ```

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

面会から2か月ちょっと経ちますが…
実はまだ、ダイの行き先が決まってませーん(;´▽`A``

7月くらいまでは訓練部に居たそうなのですが、1度キャリアチェンジボランティアさんと
面会をしトライアルに入ったのですが、犬への興味が強くお散歩時のコントロールができない
っと、トライアル中止…(;´Д`A ```
また別のキャリアチェンジボランティアさんとトライアルに入ったようなのですが…
やはりお散歩時のコントロールが問題になってるようで(;´Д`A ```
うまくいく確率は半々だと言われました(;´▽`A``

どちらのお宅でも、家の中ではとてもいい子にしているのでその点は問題ないみたいですが
心配していたお散歩時の事がネックになっているとは…(;´Д`A ```
ほんと、根っからのワンコ好きなんだから(´ー`)┌フッw

ま、これもご縁のあることですから、焦らず急がず…
ダイもダイの家族になっていただける方にも幸せになれるご縁をいただけるまで、気長に
待とうと思います^^

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています!
しばらくブログの更新が無かったので心配しておりました。
色々と大変だった様ですが体調は大丈夫ですか??
今回ダイ君の進路が決まったんですね。
協会へ戻ってからの様子を心配されていたお気持、ダイ君を本当に理解されていたお二人だからこそですよね。
あとは新しいファミリーが決まり、ダイ君が幸せな犬生を送れる事を願うばかりです。
大切に育ててくださったPWの時期、そしてずっと心配して下さっていた今までにも本当に感謝しております。
これからもブログ拝見させて下さい。
ありがとうございました!!

2012/09/09(日) 16:55:30 | URL | nana #-[ 編集]
nanaさんへ
大変ご無沙汰しておりました<(_ _)>
ご心配おかけしまして、申し訳ありません。
体調はすこぶる良好ですので、ご安心ください^^

ダイのその後…ご報告しなければと思いつつ、遅くなりまして申し訳ありません。。
また改めてご報告させていただきますが、あの後、無事に譲渡が決まりまして、CCボラさんからもご連絡をいただきました。
かなりの問題児のようですが(;´Д`A ```
可愛がっていただいているようです。
ダイはひとまず行き先も決まり、完全に私たちの手を離れていきましたが、今後ともよろしくお願いします<(_ _)>



2012/09/12(水) 20:39:34 | URL | pikokumi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。